初心者向け!おすすめの国内仮想通貨取引所

【初心者向け】仮想通貨取引所の選び方と各社比較

14 min
仮想通貨取引所の選び方

仮想通貨投資を始めてみたいけど、どこで買えばいいか分からない・・・

仮想通貨を購入しようって思って調べてみたら、いろんな取引所が出てきて困りますよね。

よく名前を聞くCoincheckやbitFlyer、CMで最近よく見るようになってきたDMMビットコインやGMOコインなど例を挙げればきりがありません。

2022年8月現在、日本国内だけでも、金融庁から認可を受けている仮想通貨取引所は全部で30社以上あります。

晴間はる

晴間はる

投資経験がない人からすれば、この中からどこがいいかなんてさっぱりわかりませんよね。

そこで、この記事ではそんな仮想通貨初心者のあなたでも分かる、仮想通貨取引所の選び方初心者におすすめの仮想通貨取引所について紹介をさせて頂きます。

これから仮想通貨取引を考えている方は、ぜひ取引所選びの参考にしてみてください。

国内仮想通貨取引所の選び方

アルトコイン銘柄

仮想通貨取引所を選ぶポイントとしては次の4つのポイントがあります。

取引所を選ぶポイント
  • 使いやすさ
  • 手数料の安さ
  • 取扱通貨の豊富さ
  • セキュリティ対策

使いやすさ

あなたが仮想通貨初心者であれば、まずは使いやすさを重視した取引所を選ぶのが一番です。

取引所によってはアプリが使いにくかったり、販売所と取引所の区別がつきにくい不親切な取引所もあったりするので、ここはいちばん重視したいポイントになります。

販売所と取引所の違い
販売所と取引所の違い
  • 販売所:通貨交換業者(Coincheckなど)が直接ユーザーに暗号資産を販売する場所です。手数料が乗るので、基本的に相場価格より高めです。
  • 取引所:交換業者を仲介して、ユーザー同士で取引をする場所です。手数料が安く自分の欲しい価格で仮想通貨を購入できる反面、難易度はすこし高めです。
晴間はる

晴間はる

簡単に取引できるのが取引所、難易度は少し高いけど手数料を抑えたいなら販売所だね!

手数料の安さ

段々と使い方に慣れてきたら、取引手数料の安さなども重要になってきます。

ただ、最近は取引手数料自体は無料のところも多いため、あまり気にしなくていい部分といえるでしょう。

しかし、日本円の出金手数料の場合は取引所によって、0~770円と大きな差があります。出金頻度が高くなりそうなら、出金手数料もしっかりチェックしておくと損をしません。

晴間はる

晴間はる

出金手数料が安い取引所の例としては、「GMOコイン」や「DMMビットコイン」「FTX Japan」などがあるよ!

取り扱い通貨の豊富さ

自分が投資したい仮想通貨銘柄を取り扱っているかというのも、取引所を選ぶ際のポイント。

特に欲しい仮想通貨が決まってないなら、すこしでも取り扱い銘柄が多い販売所を開設しておくと、買いたいときにサッと購入できてとても便利です。

開設する前に、自分が欲しい銘柄があるかどうかも開設前に確認しておくといいでしょう。

晴間はる

晴間はる

最近話題になってるSOL(ソラナ)やMATIC(ポリゴン)などは、国内で取り扱っているところも限られているので開設しておくと便利!

  • MATIC(ポリゴン)がある国内取引所:bitbank、bitFlyer
  • SOL(ソラナ)がある国内取引所:FTX Japan(旧Liquid by FTX)、SBI VCトレード

セキュリティ対策

セキュリティに関しても、お金を預ける場所として気にかけておきたいポイント。

これまでいくつかの取引所ではハッキングなどが起きていて、大事な資産が抜かれてしまうといった事件も起きています。

ここ最近は、2段階認証やコールドウォレットにほとんどの取引所が対応しているので、大きな事故は起きていません。とはいえ、もしものために盗難補償の有無や取引所の信頼性なども確認しておくと良いでしょう。

晴間はる

晴間はる

国内取引所では、Coincheckやbitflyerなどが盗難補償に対応しているよ!

国内仮想通貨取引所一覧

ビットコイン

ここからは、日本国内にある取引所について紹介していきます。

取引所名ビットバンクのロゴ
bitbank
コインチェックのロゴ
Coincheck
FTX Japanのロゴ
FTX Japan
ビットフライヤーのロゴ
bitFlyer
GMOコインのロゴ
GMOコイン
DMMビットコインのロゴ
DMMビットコイン
Huobi Japanのロゴ
Huobi Japan
BITPOINTのロゴ
BITPOINT
SBI VCトレードのロゴ
SBI VCトレード
LINE BITMAXのロゴ
LINE BITMAX
Zaifのロゴ
Zaif
楽天ウォレットのロゴ
楽天ウォレット
取扱銘柄数19種類18種類14種類17種類22種類20種類25種類14種類12種類6種類15種類5種類
独占取扱銘柄BOBA/ASTRPLT/SANDATOM/FCRZPGHT/BST/ONTDEP/KLAYLNCOT/FSCC/CICC
NCXC/ZAIF/XCP/CMS
最低取引金額
(BTC)
販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
500円相当額販売所:0.0001 BTC
取引所:0.0001 BTC
販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
販売所:0.00001 BTC
取引所:0.0001 BTC
販売所:0.0001 BTC
取引所:-
販売所:0.0005 BTC
取引所:0.00001 BTC
販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.0001 BTC
取引所:0.000001 BTC
販売所:1円相当額
取引所:-
販売所:0.0001 BTC
取引所:0.001 BTC
販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所手数料Maker:-0.02% Taker:0.12%無料Maker:0.02% Taker:0.12%0.01~0.15%Maker:-0.01% Taker:0.05%Maker:無料〜0.150%
Taker:無料〜0.150%
無料無料Maker:無料 Taker:0.1%
販売所手数料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
入金手数料無料0円〜1,018円無料0〜330円無料無料無料無料無料無料0〜605円無料
出金手数料550~770円407円無料220~770円無料無料330円330円無料110~440円385~770円300円
送金手数料
(BTC)
0.0006 BTC0.0005 BTC無料0.0004 BTC無料無料0.0005 BTC無料無料0.001 BTC0.0001〜0.01 BTC0.001 BTC
レバレッジ2倍2倍2倍2倍2倍2倍2倍
おすすめ度
(5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(3 / 5.0)
(3 / 5.0)
(2 / 5.0)
(2 / 5.0)
(2 / 5.0)
公式詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

数ある国内取引所の中から、おすすめできる12社に絞り込みました。各取引所によって色々な特徴があり、取り扱っている仮想通貨銘柄も様々です。

晴間はる

晴間はる

かんたんに取引所の特徴一例をあげるとこんな感じ!

国内取引所の特徴一例

bitbankは老舗で、これまで大きなトラブルもなく信頼できる取引所です。使いやすさも随一。

初心者であれば、アプリが使いやすいCoincheckはおすすめです。

Huobi Japanは、日本ではまだ登場して間もない取引所ですが、取り扱い銘柄が豊富でいろんな通貨を買いたい人におすすめの取引所。

楽天ウォレットは取引銘柄が少ないものの、楽天ポイントで仮想通貨が買える手軽さが魅力です。

FTX Japanは日本円の出金スピードが国内では最速で、最短で1時間で口座に振り込まれるため、急な出費などに活躍します。

他にも一定の取引所でしか取り扱いのない通貨なども多数あるので、気になった通貨があるかどうかも、投資先を選ぶポイントのひとつです。

こんな感じで取引所ごとに色々な特徴があるので、自分にあった取引所を見つけておくと後々便利です。

晴間はる

晴間はる

詳しい解説に関しては後ほどランキング形式で説明するよ!

国内仮想通貨取引所おすすめランキング

ここからは国内仮想通貨取引所をランキング形式で詳しく解説します。

1位 bitbank:仮想通貨取引量が国内No.1

ビットバンク ロゴ
取扱仮想通貨数19種類
独占取扱銘柄BOBA/ASTR
取引所手数料Maker:-0.02%
Taker:0.12%
販売所手数料無料
最低取引数量(取引所)0.0001 BTC
最低取引数量(販売所)0.00000001 BTC
入金手数料無料
出金手数料550〜770円
送金手数料0.0006 BTC
レバレッジ取引×
積立投資×
良い点
  • スマホから操作しやすくチャートも見やすい
  • 手数料が安い(販売所価格が良心的)
  • セキュリティは国内No.1
  • 取扱銘柄も豊富
  • 出金手数料以外はこれといった弱点がない
悪い点
  • レバレッジ取引に対応していない
  • 出金手数料が高い

bitbank(ビットバンク)は、ユーザーに優しい取引所として評判の高い取引所です。実際、それが仮想通貨取引量国内1位であることにもあらわれています。

取引所の中でもこれまで大きなトラブルが一切なく、セキュリティは国内最高レベル。取扱銘柄も国内最多まではいきませんが、19種類と豊富なラインナップです。

定期的に取扱銘柄の入れ替えも行われており、人気かつ厳選された通貨が多く取り扱っています。

初心者からベテランまで使いやすく、国内取引所のメインとして使っている人も多いイメージです。

実際、ビットバンクを使っている仮想通貨トレーダーは多いです。

ビットバンクは私自身も昔から愛用しており、現在も国内のメイン取引所となっています。

ビットバンク アプリ
晴間はる

晴間はる

ビットバンクは、初心者~ベテランまで使える取引所なので、とりあえずで開設しといても損はありません!

2位 Coincheck:DL数No.1で初心者に断然おすすめ

コインチェックの画像
取扱仮想通貨数18種類
独占取扱銘柄PLT,SAND
取引所手数料無料
販売所手数料無料
最低取引数量(取引所)0.005 BTC以上かつ
500円相当額以上
最低取引数量(販売所)500円相当額
入金手数料0〜1,018円
※銀行振込は無料
出金手数料407円
送金手数料0.0005 BTC
レバレッジ取引×
積立投資
良い点
  • 手軽に仮想通貨が買える
  • アプリが初心者向けでわかりやすい
  • 取扱銘柄数も豊富
  • 取引手数料が無料
  • レンディングに対応
悪い点
  • レバレッジ取引に対応していない
  • 手数料(スプレッド)が高め
  • 出金手数料が高い

仮想通貨初心者で、とにかく手軽に仮想通貨を買いたいならCoincheck(コインチェック)がおすすめ。

コインチェックはスマホでの取引のしやすさが魅力で、初心者にはいちばん購入しやすい取引所です。

パソコンがなくてもかんたんに取引できる上に、スマホでタップしていくだけで購入できるので、とにかく操作がカンタンです。

仮想通貨取引所アプリのダウンロード数No.1という数字にもあらわれています。

取扱銘柄も18種類と豊富で、人気の銘柄やこれからの銘柄まで幅広く、まだ価値の低い買いやすい通貨も多め

デメリットとしてはカンタンな反面、販売所でのスプレッドの幅が広く、購入する際に他よりも割高になってしまう点でしょうか。

仮想通貨に慣れてきたら他の取引所を使っていく方が、経済的といえるでしょう。

晴間はる

晴間はる

コインチェックは、仮想通貨を全くさわったことのない超初心者向けの取引所!

かんたんに言えば販売価格と売却金額の差額です。

コインチェックの販売所ではこのスプレッドの差が大きいため、販売価格に比べ、売却価格がかなり安く設定されています。

購入と売却に大きな差があり、この差が大きいほどスプレッドが広いと表します

3位 FTX Japan(旧Liquid by FTX):入出金が速くて便利

取扱仮想通貨数14種類
独占取扱銘柄
取引所手数料Maker:0.02%
Taker:0.12%
販売所手数料無料
最低取引数量(取引所)0.0001 BTC
最低取引数量(販売所)0.0001 BTC
入金手数料無料
出金手数料無料
送金手数料無料
※0.01 BTC未満は1日1回のみ
※0.01 BTC以上は制限なしで無料
レバレッジ取引2倍
積立投資
良い点
  • 世界トップ3に入る取引量
  • 日本円の入出金手数料が無料
  • 日本円の出金スピードは最速
  • 国内で唯一パーペチュアル取引ができる
  • NFTゲームでよく使われるSOLソラナが購入できる
悪い点
  • 取扱銘柄はメジャーどころが多め

FTX Japan(旧Liquid by FTX)は、CMで大谷翔平選手が起用され、話題になった外資系の取引所になります。

世界でも取引量トップ3に入る取引所FTXが運営する日本国内向け取引所。まだ日本には上陸したなかりの企業ですが、世界で流通量トップ3に入る人気の取引所です。

SOL(ソラナ)を国内取引所最速で取り扱ったことから、NFTゲーム・STEPNのブームで口座開設数が爆発的に伸びました(旧Liquid by FTX)。

2022年8月17日より、SBI VC トレードでも「SOL」が取扱開始されました。

通貨の流動性が高いため取引板が活発で仮想通貨を売買しやすく、メイン取引所としてもおすすめ。

FTX Japanの魅力は、なんといっても日本円の入出金手数料が無料という点。入金手数料が無料な取引所は他にもたくさんありますが、出金手数料までもが無料の取引所はとても貴重です。

しかもFTX Japanは、日本円の出金速度が速く、PayPay銀行を利用すれば最速1時間で日本円の出金が可能(他の取引所の場合最速でも翌日以降)。

急な出費などにも対応しやすいので、投資先が多い人にはとても使いやすいです。

デメリットとしては、取扱銘柄はメジャーどころが多いといった印象を受けるので、ハイリスクな銘柄を狙ってる人にはすこし物足りないラインナップかもしれません。

晴間はる

晴間はる

NFTゲームでよく使われるSOLが購入できる点も魅力!

4位 bitFlyer:安心のセキュリティと初心者にも優しい設計

取扱仮想通貨数17種類
独占取扱銘柄
取引所手数料0.01~0.15%
販売所手数料無料
最低取引数量(取引所)0.001 BTC
最低取引数量(販売所)0.00000001 BTC
入金手数料0〜330円
※住信SBI以外は330円
出金手数料220~770円
送金手数料0.0004 BTC
レバレッジ取引2倍
積立投資
良い点
  • 創業以来ハッキング一切なし
  • 初心者でもわかりやすいレイアウト
  • Tポイントが使える
  • ビットコインFX取引に対応
悪い点
  • 取引所対応の銘柄が少ない(6種)
  • 入出金手数料が高い

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2014年からある日本の中でも老舗の取引所です。

2014年の創業以来、一切ハッキング被害にあっていない実績がある、セキュリティレベルの高い取引所です。

初心者でも購入しやすいレイアウトになっていて、いたるところで注意点などが出てくる親切設計になっています。

ビットコインが1円から買えることも魅力で、ビットコインの取引量は国内で6年連続No.1です。

また現金での購入だけでなく、Tポイントからでもビットコインが購入できるので、貯まったポイントを有効活用できるのもポイント。

更に、ビットフライヤーは入金手数料自体は無料で、24時間365日いつでも入金できる「クイック入金」が使え、住信SBI銀行からなら無料です。ただ、クイック入金は他行の場合330円手数料がかかるので注意しましょう。

デメリットとしては、良くも悪くもビットコイン取引がメインの取引所となっているため、取引所で購入できるアルトコインが他よりも少ない印象です。

晴間はる

晴間はる

ビットコインやイーサの取引がメインになる初心者の方におすすめ!

5位 GMOコイン:スマホでかんたんにレバレッジ取引できる

取扱仮想通貨数22種類
独占取扱銘柄ATOM/FCR
取引所手数料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料無料
最低取引数量(取引所)0.0001 BTC
最低取引数量(販売所)0.00001 BTC
入金手数料無料
出金手数料無料
送金手数料無料
レバレッジ取引2倍
積立投資
メリット
  • 仮想通貨のレバレッジ取引に特化
  • 取扱銘柄は22種類
  • 日本円の入出金手数料が無料
  • レンディングに対応
デメリット
  • スプレッドが広め
  • 出金は最低1万円~

GMOコインは、仮想通貨FXをしてみたい人におすすめの取引所になります。

仮想通貨取引というより、仮想通貨FXの印象が強い取引所でスマホで気軽にレバレッジ取引ができるのが特徴です。

他の取引所ではスマホからFXを行うのはすこし難易度が高いですが、GMOコインのFXはスマホからでもかなり操作しやすい作りとなっています。

最近では通常の仮想通貨取引にも力を入れており、22銘柄の取り扱い。日本円の入出金手数料が無料の数少ない取引所なので、国内取引所のメインとしても使えます。

ただ、販売所もFXもスプレッドが広めに設定されているので、知らずに使っていると割高な手数料を取られるので注意しましょう。

また、最低出金額が1万円からと細かな金額を選べない点も微妙なところです。

晴間はる

晴間はる

手数料が無料な点を使って、日本円の入出金だけにGMOコインを使うといった方法もあり!

少ない掛け金で通常取り引きできる額よりも多い額を取り引きできます。

仮想通貨の場合、掛け金に対し最大2倍のレバレッジをかけることが可能です(例:1万円で2万円分の取引)。

ただし、損失が出た場合も倍の速さで無くなるため通常取引より大きな損失を生む可能性もあります。

かんたんに言えば販売価格と売却金額の差額です。

販売所ではこのスプレッドの差が大きいため、販売価格に比べ、売却価格がかなり安く設定されています。

購入と売却に大きな差があり、この差が大きいほどスプレッドが広いと表します

6位 DMMビットコイン:レバレッジ取引銘柄最多

DMMビットコインロゴ
取扱仮想通貨数20種類
独占取扱銘柄ZPG
取引所手数料
販売所手数料無料
最低取引数量(取引所)
最低取引数量(販売所)0.0001 BTC
入金手数料無料
出金手数料無料
送金手数料無料
レバレッジ取引2倍
積立投資×
メリット
  • レイアウトがとても見やすい
  • レバレッジ取引の種類が多い
  • 取引所が使えない代わりにBitMatch機能がある
  • 各種手数料無料
デメリット
  • スプレッドが広い
  • 現物取引はしにくい
  • 日本円の出金スピードが遅い
  • 取引所が使えない

DMMビットコインは、有名なDMM.comが運営する仮想通貨取引所。DMMが運営する取引所ということもあってか、PCやスマホのレイアウトがキレイでかなり操作しやすいです。

レバレッジ取引の種類が多く、国内最多の20種類もの通貨がレバレッジ取引に対応しています。

DMMビットコインも各種手数料無料の取引所で、日本円の出金も無料です。

デメリットとしては、各種手数料が無料な分スプレッドが広く設定されており、販売所しかないため売買を頻繁に繰り返すと、差額で損をしてしまうことも。

また出金スピードも遅いため、メインの取引所として使うには使いにくい点も多いです。

とはいえ、取引所が使えない代わりにBitMatchというユーザー間の注文をマッチングする、取引所のような機能も用意されています。

DMMビットコインのBitMatch機能

スプレッドを気にせず取引できますが、DMMビットコインが仲介に入っている以上、大きな相場変動で仲値が対応できない場合もあるため、変動が激しい相場では控えましょう。

晴間はる

晴間はる

DMMはいろんな銘柄のレバレッジ取引をしたい人向け!

少ない掛け金で通常取り引きできる額よりも多い額を取り引きできます。

仮想通貨の場合、掛け金に対し最大2倍のレバレッジをかけることが可能です(例:1万円で2万円分の取引)。

ただし、損失が出た場合も倍の速さで無くなるため通常取引より大きな損失を生む可能性もあります。

かんたんに言えば販売価格と売却金額の差額です。

販売所ではこのスプレッドの差が大きいため、販売価格に比べ、売却価格がかなり安く設定されています。

購入と売却に大きな差があり、この差が大きいほどスプレッドが広いと表します

5位 Huobi Japan:取引銘柄が豊富

Huobiロゴ
取扱仮想通貨数25種類
独占取扱銘柄HT/BST/ONT
取引所手数料Maker:無料〜0.150%
Taker:無料〜0.150%
販売所手数料無料
最低取引数量(取引所)0.0001 BTC
最低取引数量(販売所)0.0005 BTC
入金手数料無料
出金手数料330円
送金手数料0.0005 BTC
レバレッジ取引2倍
積立投資×
メリット
  • 取扱銘柄は国内最多
  • 世界130ヵ国以上の取引実績
  • 出金スピード早め
デメリット
  • 流通量が少なめ

Huobi Japan(フォビジャパン)は、世界130ヵ国以上の国に展開しているHuobi(フォビ)が運営する日本人向けの取引所になります。

一番の魅力は取扱銘柄の多さで、国内取引所では最多の25種類が取引可能です。

日本への参入は最近ですが、世界130ヵ国以上での取引実績があり安心できる取引所といえます。

また、日本円の出金スピードはFTX Japanには劣るものの、朝の9時までに手続きを行えば当日出金も可能とこちらも速め。

大きな欠点こそないものの、国内に入ってきて間もない取引所ということもあり、通貨の流通量がちょっと少なめな点でしょうか。

晴間はる

晴間はる

フォビジャパンは決して悪くない取引所なのですが、日本に入ってきたばかりの取引所なので、まだ認知度がちょっと低め

8位 BITPOINT:使いやすい取引ツールが魅力

ビットポイント
取扱仮想通貨数14種類
独占取扱銘柄DEP/KLAY
取引所手数料無料
販売所手数料無料
最低取引数量(取引所)0.0001 BTC
最低取引数量(販売所)0.00000001 BTC
入金手数料無料
出金手数料330円
送金手数料無料
レバレッジ取引×
積立投資×
良い点
  • 取引手数料が無料
  • 高性能な取引ツールがある
  • レンディングに対応
悪い点
  • スプレッドが広い
  • 入出金の反映に時間がかかる
  • 取引高が少ない

BITPOINT(ビットポイント)は2016年に創設された、仮想通貨取引所としては古参ともいえる取引所になります。

ビットポイントの魅力は、取引手数料が無料という点。しかし、残念なことにこちらもスプレッドが広い場合があり、手数料が無料でも売買するタイミングによっては損をしてしまうため、せっかくの魅力が半減してしまっています。

他の取引所よりも高機能な取引ツールを搭載しているため、細かなテクニカル分析を行いたい人などが登録しているイメージの強い取引所です。

以前からメインの取引所としてよりも、サブの取引所として利用する人が多く、全体的な取引高も少なめです。

入出金の反映も他の取引所に比べて遅く、すぐに買いたいときに買えないと使い勝手がいいとは言えません。

ただそれを差し引いてもビットポイントの取引ツールは優秀なので、テクニカル分析などをしっかりやりたいと思う人は開設しておいても損はない取引所です。

晴間はる

晴間はる

メイン取引所としては使いにくいけど、チャート分析とかで使うには、ピッタリの取引所!

9位 SBI VC トレード:SBIグループ運営の安心感

SBIVCトレード
取扱仮想通貨数12種類
独占取扱銘柄
取引所手数料無料
販売所手数料無料
最低取引数量(取引所)0.000001 BTC
最低取引数量(販売所)0.0001 BTC
入金手数料無料
出金手数料無料
送金手数料無料
レバレッジ取引2倍
積立投資
良い点
  • SBIグループ運営の安心感
  • 各種手数料無料
  • 住信SBI銀行と連携可能
  • レンディングに対応
  • NFTゲームでよく使われるSOLソラナが購入できる
悪い点
  • 取扱銘柄が少ない

SBI VC トレードは、証券会社としてもおなじみSBIグループの運営する仮想通貨取引所。

SBI証券や住信SBIネット銀行などを運営する金融大手のSBIグループ運営なので、セキュリティや運営にはかなりの安心感があります。

大手運営らしく、取引手数料や入出金手数料、ロスカット手数料までも無料となっており、取引にかかる費用はほとんどすべてが無料です。

住信SBI銀行と連携可能なので、つみたてNISAなどでSBIグループを利用している人は情報を引き継げるので、かんたんに即時決済ができます。

SBI VC トレードは使いやすい取引所であることは間違いないのですが、取扱銘柄が少ない(12通貨)のが唯一のデメリットといえるでしょう。

2022年8月17日に5銘柄追加され7→12通貨となりましたがまだまだ取扱数は少なめ

晴間はる

晴間はる

SBIグループで他にもいろんなところに投資している人には、とっても便利な取引所!

10位 LINE BITMAX:LINEから口座開設可能

LINE BITMAX
取扱仮想通貨数6種類
独占取扱銘柄LN
取引所手数料
販売所手数料無料
最低取引数量(取引所)
最低取引数量(販売所)1円相当額
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円
銀行口座:440円
送金手数料0.001 BTC
レバレッジ取引2倍
※売りのみ
積立投資
メリット
  • LINEアプリから取引できる
  • 1円からの少額投資可能
  • レンディングが便利
デメリット
  • スプレッドが広い
  • 取扱銘柄が少ない
  • 送金手数料が高い

LINE BITMAXはその名の通り、SNSのLINEグループが運営する仮想通貨取引所です。LINEアプリから購入することができるため、手軽さが売りの取引所

使い勝手としては、Coincheckに似ていて手軽に取引できますが、取引所がなくスプレッドも広めなので、頻繁な売買には不向きです。

1円から始められる少額投資が魅力で、余ったお金などを少しずつ投資しておこずかいを稼ぐみたいな使い方がいちばんしっくりきます。

また、レンディングといって、持っている仮想通貨を貸し出すことで利息を受け取るサービスにも対応しています。

通常、貸出期間中は気軽に売却できないのですが、LINE BITMAXは最長でも7日以内に戻ってきて売却できるので、損切りや利確もしやすいです。

とはいえ取り扱い銘柄も7種類と少ないため、メインの取引所としては使いにくい感じは否めません。

晴間はる

晴間はる

買い物などであまったお金を気軽に投資したい人におすすめ

11位 Zaif:マニアックな銘柄豊富

ZAIF
取扱仮想通貨数15種類
独占取扱銘柄COT/FSCC/CICC
NCXC/ZAIF/XCP/CMS
取引所手数料Maker:無料
Taker:0.1%
販売所手数料無料
最低取引数量(取引所)0.001 BTC
最低取引数量(販売所)0.0001BTC
入金手数料0〜605円
出金手数料385~770円
送金手数料0.0001〜0.01 BTC
レバレッジ取引
積立投資
メリット
  • めずらしい通貨が多い
デメリット
  • ハッキングされた過去がある
  • 流通量が少ない
  • 対応が遅い

Zaif(ザイフ)は、2015年に開設された老舗の仮想通貨取引所。ザイフの大きな特徴は、他では扱っていないめずらしい通貨を豊富に取り扱っている点です。

  • COT(コスプレトークン)
  • FSCC(フィスココイン)
  • CICC(カイカコイン)
  • NCX(ネクスコイン)
  • ZAIF(ザイフ)
  • CMS(コムサ)
  • XCP(カウンターパーティ)

国内でザイフでしか取り扱っていない通貨が7通貨もあり、どれも海外でもめずらしい通貨ばかり。

ただ、珍しすぎて流通量が少なく、売りたくても売れないといったこともあるので、リスクはかなり高いです。

正直言ってあまりイメージが良くない部分が多く、過去にはハッキング被害にもあっており今もそのイメージが強く残っています。

今は、運営会社も変わってセキュリティは強化されてはいますが、色々な対応が遅くサポートも手厚いとは言えません。

全体的なレイアウトも見づらいため初心者にも不向きです。

晴間はる

晴間はる

リスクをとって、めずらしい通貨を買いたい人向けの取引所

12位 楽天ウォレット:楽天ポイントで仮想通貨が買える

楽天ウォレット
取扱仮想通貨数5種類
独占取扱銘柄
取引所手数料
販売所手数料無料
最低取引数量(取引所)
最低取引数量(販売所)0.0001 BTC
入金手数料無料
出金手数料300円
送金手数料0.001 BTC
レバレッジ取引2倍
積立投資
良い点
  • 楽天グループの安心感
  • 楽天ポイントが使える
  • 楽天キャッシュと連携できる
悪い点
  • 取扱銘柄が少ない
  • 取引所が使えない
  • 取引はスマホからのみ
  • 送金手数料が高い

楽天ウォレットは、名前の通り楽天グループが運営する仮想通貨取引所です。楽天グループの運営する取引所なので、運営に対する安心感があります。

仮想通貨を購入するのに、楽天ポイントが使えるため、お買い物で貯めたポイントを投資できるのが、一番の魅力です。

楽天キャッシュと連携することで、投資しているお金を普段の買い物に使えたりするのは、楽天グループならでは。

ただ取扱銘柄は国内で最も少ない5銘柄で、しかも販売所しか存在しないため売買は他の取引所よりも割高になります。

取引所としては珍しくスマホアプリしかないため、利用するにはスマホが必ず必要という点も使いづらいポイントのひとつです。

晴間はる

晴間はる

楽天ウォレットの使い方としては、貯めたポイントをコツコツ投資するみたいな使い方

初心者におすすめの取引所は?

ビットコイントレードイメージ

「初心者におすすめの取引所どこ?」という質問をよく耳にしますが、個人的にはこの2つの取引所がおすすめと言えます。

初心者におすすめの取引所
  • かんたん操作が魅力の「Coincheck(コインチェック)」
  • 初心者も上級者も使いやすい「bitbank(ビットバンク)」

2社をおすすめする一番の理由は、手軽さとわかりやすさです。

コインチェックは、手数料こそすこし高いものの、スマホからの購入のしやすさや、ワンタップで買える手軽さは他の取引所と比べると、ひとつ抜けた使いやすさがあります。

晴間はる

晴間はる

仮想通貨のことよく分からないけど、とりあえず買ってみたいという人におすすめなのが、コインチェック!

次にビットバンクですが、こちらはコインチェックではちょっと物足りないと感じてきた人や、もっとお得に仮想通貨を購入したいといった人におすすめの取引所。

多くの仮想通貨トレーダーにも愛されており、メインの国内取引所にピッタリです。

ビットバンクはビットコインやメジャーなアルトコインだけでなく、すべての取扱アルトコインが取引所形式で購入できます。

販売所ではなく、取引所を利用した仮想通貨の買い方に慣れるのに最適で、仮想通貨の基礎はビットバンクで学ぶのがいちばんです。

晴間はる

晴間はる

私自身も仮想通貨デビューしたときは、コインチェック→ビットバンクの流れで仮想通貨の基礎を学んだよ!

ただ、コインチェックもビットバンクも出金手数料がかさんでしまうため、手数料が無料のGMOコインも併せて持っておくと良いでしょう。

海外取引所の開設は必要?

チャート画像

仮想通貨に慣れてくると気になってくるのが、国内ではなく海外の仮想通貨取引所。そこで必ず出てくる質問が

晴間はる

晴間はる

海外の取引所ってやっぱり必要?

というものですが、1つ言えることは、間違いなく作った方が役に立つということです。

なぜ海外の取引所が必要かというと、それは取扱銘柄の数の違いにあります。

国内取引所と海外取引所の大きな違い

国内取引所と海外取引所のいちばんの大きな違いは取引銘柄の数です。

  • 国内最多「Huobi Japan 」→ 23種類
  • 海外取引所「Binance」→ 365種類以上

国内最多のHuobi Japanが22種類なのに対し、海外取引所を代表するBinanceは、なんと取扱銘柄数は365種類以上にもなります。

実に日本国内の10倍以上の銘柄がラインナップされており、国内では一部でしか買えない仮想通貨でも、海外取引所であればひとつの取引所で事足りてしまうレベルです。

欠点としては、基本的に日本円が使えないので、購入するには日本の取引所で仮想通貨を買って、海外の取引所にその仮想通貨を送るといった工程が必要になる点。

仮想通貨を送金するという手間があるため、初心者からするとここがいちばん難しいポイントだったりします。

海外の取引所はどこがいい?

海外の取引所はどこがいいのかという質問もよくありますが、個人的には最初は、BinanceとBybitあたりを開設しておくと、大体の通貨は買えます。

しかもBybitに関しては、日本円を使った購入なども出来たりするので、仮想通貨の扱いに慣れてきたら、開設しておいて損はない取引所です。

晴間はる

晴間はる

この2つを開設しておくと、SNSなどで話題になる通貨のほとんどが購入できるよ!

海外の取引所を利用する際の注意点

海外の取引所を使う際に気を付けておきたいのが、日本の取引所よりも損失のリスクが高くなる点には注意が必要ということ。

日本の取引所の場合、通貨の詳しい調査を挟んでから取引所に上場するため、比較的価格の安定した通貨が多いのが特徴です。

しかし海外の取引所は、日本の審査ほど厳しくないため高騰する通貨もあれば、大暴落する通貨も少なくはありません。

一夜にして無価値同然になる通貨も中にはあったりするので、海外の取引所を利用する際は、日本の取引所よりもさらに警戒して挑むようにしましょう。

国内通貨より変動が激しい
晴間はる

晴間はる

投資は自己責任でお願いします!

おすすめの国内仮想通貨取引所のまとめ

以上、国内の仮想通貨取引所の紹介と比較でした。内容をまとめると以下のようにになります。

国内取引所紹介まとめ
  • 初心者には「Coincheck」と「bitbank」がおすすめ
  • 出金手数料が無料の「GMOコイン」や「DMMビットコイン」も持っておくと◎
  • 慣れてきたら海外取引所も開設しておいて損はない
  • 投資は自己責任で

初心者のうちは、まずは仮想通貨に慣れることが大事なので、とりあえず買い方の分かりやすい
「Coincheck」や「bitbank」の開設がおすすめです。

そのあと仮想通貨の取り扱いに慣れてきたと感じたら、海外取引所である「Binance」や「Bybit」を開設すると良いでしょう。大体の仮想通貨銘柄が購入できるようになります。

取引所は決してひとつに絞る必要はないので、成長に合わせて自分に合った取引所を選ぶよう心掛けて行きましょう。それぞれ特徴があるので、2〜3の取引所を併用するのは割と当たり前です。

そして仮想通貨全体にいえることですが、仮想通貨は株などと比べて、ハイリスクハイリターンな投資です。損失のリスクもあることをしっかり頭にいれておきましょう。

晴間はる

晴間はる

これから仮想通貨はさらに盛り上がりを見せる可能性があるので、しっかり見極めて上手な運用をかんばっていきましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。